立川市 西立川駅 白内障 縁内障 ドライアイ 近視治療 ワック -岩瀬眼科医院-

〒190-0013
東京都立川市富士見町1-31-18
西立川KIビル3F
西立川駅より歩いて5分
岩瀬眼科医院  Iwase Eye Clinic  
 
医院紹介
診療方針
近視の治療
飛蚊症
医院設備
診療時間・地図
コンタクトレンズ
TOP
緑内障の専門サイト

岩瀬眼科医院より東京都を中心に全国の緑内障に悩んでいる患者様のために作成した緑内障の専門サイトです。
 
緑内障の専門サイト

岩瀬眼科医院より東京都を中心に全国の白内障に悩んでいる患者様のために作成した緑内障の専門サイトです。
 
糖尿病網膜症サイト
 
 
白内障手術、縁内障、近視治療は、岩瀬眼科医院にお任せください。
〒190-0013 
東京都立川市富士見町
1-31-18
西立川KIビル3F
西立川駅より歩いて5分
>>地図はこちら
TEL:042-521-2525
岩瀬光のホームページへようこそ
QRコード
携帯サイトはこちらから
診療方針
 

花粉症

 

花粉症と目のはなし

目は常に、多くの抗原(アレルゲン)にさらされている状況にあります。
空気中には目に見えないアレルゲンがたくさん舞っているからです。
アレルゲンと言ってもイメージがわきづらいと思います。
アレルゲンの主な種類は、スギ・ヒノキ・ハンノキ・ブタクサ・ヨモギ、他にはダニ・カビ・ホコリ・動物の毛などです。
日常生活で私たちの身の回りにいる抗原(アレルゲン)や季節性のある抗原(アレルゲン)
を認識して、注意と対策が必要になります。

花粉症は花粉によって引き起こされるアレルギーの一つです。
目のかゆみ・充血・くしゃみ・鼻水などの症状がありましたら、自己判断するのではなく
必ず眼科の先生に診察してもらいましょう。

 

花粉を防ぐために

花粉を防ぐためには、少しの心がけが大切です。
外出する前には帽子やスカーフ・マスクなどを身につけましょう。
家に入る前に衣服やカバンに付いた花粉をはたいて落としましょう。又、目に付いた花粉は人工涙液(涙の成分に似た目薬)で洗い流しましょう。
 
▲ TOPへ戻る

緑内障の早期発見について

 
緑内障は日本における失明の第2位を占める病気です。岐阜県多治見市で行われた緑内障疫学調査(多治見スタディー)によれば、40歳以上の17人に1人が緑内障の潜在患者さんであるとの報告がなされてます。
 
重要なことは、その内の8割以上が、眼圧が正常範囲でも視神経障害が生じるタイプの緑内障(正常眼圧緑内障)であったことです。全国の患者数は推定約400万人に達します。ですから、早期発見、早期治療の重要性が叫ばれています。日本眼科学会、日本眼科医会ともに、40歳以上の方の年1度の眼科受診を勧めています。
 
緑内障は放置すれば失明にいたる場合もある疾患です。しかしながら、早期発見、早期治療により、多くの方の失明を防ぐことができる疾患でもあります。
 
当医院では、早期発見の切り札として、
3次元光干渉断層計(NIDEK OCT RS-3000 Advance)
を多摩地区、立川市でいち早く導入しております。
3次元光干渉断層計

ドライアイについて

 
ドライアイは、いろいろな原因によって涙の量が少なくなったり、本来持っている涙の働きが悪くなったりすることによって、目の表面に傷ができてしまう病気です。
その結果、目の乾燥感や、目が痛くなったり、ごろごろしたり、熱い感じがあったり、疲れたり、まばたきが増えたり、白目が充血することになります。
 
当医院では、まずどの程度のドライアイなのかを早期発見し、それにあった最適な治療法を行っています。
 

ドライアイの主な症状

眼が疲れやすい
めやにが出る
眼がごろごろする
重たい感じがする
眼が乾いた感じがする
何となく眼に不快感がある
眼が痛い
涙が出る
ものがかすんで見える
眼がかゆい
光をみるとまぶしい
眼が赤い

○が5つ以上ならドライアイの可能性があります。
さらに10秒眼を開けていられない、まばたきの回数が多い(40回/分以上)
なら、そのさらに可能性が高いといえるでしょう。
ご参考のうえ、医師へ相談下さい。
 
▲ TOPへ戻る

望遠訓練器について

 
近視の成因については、多くの議論がありますが 、近くのものを長く見ていることによる調節緊張状態が、近視の進行、あるいは発生の引き金になっている場合が多いと言われています。
その調節緊張を解くには、遠くのものを見つめる望遠訓練が良いとされています。
ワックは、その望遠訓練をする器械です。
望遠訓練は、遠視・乱視の改善、 近業による眼精疲労、初期の老眼の方にも効果があると言われています。
望遠訓練器について

望遠訓練器(ワック)を使った近視回復

近視の回復や老眼対策、眼精疲労の緩和のために、当医院では「ワック」を使った「ひとみ体操」の機器を多摩地区、立川市でいち早く取り入れ診療しております。
「ひとみ体操」は近視の原因となる目の筋肉の緊張をほぐし、視力の向上も期待できます。合わないメガネによる眼精疲労や頭痛の改善、仮性近視の回復にも有効です。
 

望遠訓練器(ワック)はこのような人に良いと考えられています。

・最近視力低下を意識している人(特に仮性近視)
・近業をすると目が疲れる人(コンピュータ作業による眼精疲労など)
・メガネの度が毎年進む人
・初期の老眼(疲れ目世代の人)
 

訓練には

・望遠訓練は15回を1単位とします。週1回程度来院して下さい。
・1ヵ月に1回は必ず視力検査と診察を受けて頂きますので、その時は保護者とご一緒下さい。
・訓練のみの場合は、診察とは別の順番にしますので、あまり待たないでできます。
・訓練は5分間だけです。同時に2人訓練できます。
・訓練だけの時は1回250円かかります。
・視力検査の時やお薬が出る時は、通常の診察料がかかります。
 
▲ TOPへ戻る
 
 
Copyright (c) 岩瀬眼科医院 All Rights Reserved.